新生活におすすめバッグ

4月になり、色々な形の新生活が始まったのではないでしょうか。

新しいお仕事でパソコンや、書類が増えたり、

入学、新学期で、新しい教材や勉強道具が増えたり、

新生活準備で新しい物をいっぱい買ったり、

そんな新生活におすすめな、パソコンも書類も教材も買物した物も、いっぱい入る大きめの鞄を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

Rugged(ラギッド)

まず紹介するのは、Rugged!

これは、英語で「頑丈」や、「無骨」という意味から名付けられた鞄です。

名前の通り、無駄な装飾は一切ない「無骨」という言葉がよく似合うトートバッグです。

容量はかなり広く、A4サイズはもちろん、マチは12cm程あるので、大きめな物でも余裕で入れることができます。

また、持ち手は25mm幅の革で作ってあるので、「頑丈」さも兼ね揃えています

ブルガノ(イタリア産)という硬めの革でカチッと仕立てるのがおすすめです。

ブルガノは経年変化のしやすい革で、日焼けや傷による変化、成長していく様をお楽しみいただけると思います。

※写真は「ブルガノのブラウン」になります。

Znow(ズノウ)

次に紹介するのは、Znow!

これは、図嚢(ずのう)と呼ばれる地図などを入れ、腰に下げる縦型の鞄から名付けられた鞄です。

図嚢は、軍人さんがよく使っていたようですね!

HEP STYLEのZnowは、A4サイズが縦に入る、縦型のショルダーバッグです。

手で持つには重くなってしまうノートパソコンや、書類も肩がけのショルダーバッグであれば負担が少なくて済みます

肩が痛くならないよう、こちらも25mm幅の革ベルトになっています。

アリゾナ(イタリア産)の少し柔らかめの革で仕立てると、体のラインに沿ってくれるので、おすすめです!

アリゾナは、「しぼ」と呼ばれる凸凹が表面にある革で、柔らかい表情が特徴です。

また、「しぼ」は、革ごとに違い、全く同じものは世界に一つしかありません。

自分だけの「しぼ」を楽しむことができると思います!

※画像上は「アリゾナのネイビー」

 画像下は「アリゾナのターコイズ」になります。

Traipse(トゥレイプス)

最後に紹介するのは、Traipse!

これは、英語で「ぶらぶら散歩をする」というような意味から名付けられました。

名前の通り、散歩をしたり、お買い物をする時にちょうど良い、大きすぎず、小さすぎないトートバッグになります。

この鞄は、上部にファスナーがついているので、不意に中身が出てしまったり、盗難の被害にあう危険性も低くすることができます。

目を引く「逆ハの字」のステッチがアクセントになり、鞄を引き立て、センスを格上げするアイテムになっております

この鞄も、Ruggedで紹介した、「ブルガノ」という革で仕立てるのがおすすめです。

パリッとした仕上がりで、しっかり自立もするので、ランチやカフェの時間も立てて置くことができますよ!

※写真は「ブルガノのブラウン」になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は3種類の鞄を紹介しました。

  • Rugged
  • Znow
  • Traipse

それぞれ違った特徴があり、用途によって選択が変わってくるのではないでしょうか。

大きめの鞄なので、いっぱい物を入れて、アクティブに使っていただければと思います。

どの鞄もセミオーダーによってオリジナリティー溢れる鞄に仕立てることができます

新生活にセミオーダーした大きめバッグはいかがでしょうか?

では、また!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HEP STYLEでは、革製品の制作・販売を行っています。
また、レザークラフトのネタ、制作方法の動画をYouTubeに公開もしています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる